仕事の効率化

初心者のための売れるセールスレターの書き方

アバター

Bizlux 石橋佳祐です。

セールスレターとはあなたの商品、サービスを売るための広告文です。

インターネットが普及した昨今、オフラインの手紙はイケてないと思うかもしれませんが、成約率を考えると、費用対効果は抜群で最も有効な販売手段です。

そして、セールスレターは今がチャンスです。競争の激しい、オンラインではなく、あえてオフラインで攻める事により、お客さんの目を引きやすくなります。

売れるセールスレターにするためには、万人に向けて書くのではなく誰か1人に向けて書くと、感情が入り、メッセージが伝わりやすいです。

ですので、まずはあなたの理想のお客さん1人を設定します。仮想の人物でも良いですし、既存のお客さんをモデルにして、こういう人だったら100人くらい来ても大丈夫だという人物を設定してください。

これをペルソナと言います。ペルソナがいないとセールスレターの内容が一貫しません。年齢、性別、職業、年収、住んでいる場所など、1個人として細かな詳細も設定していきます。

それができたら、ペルソナが悩んでいる事、解決したいことなどを想像して問題提示をします。

次にあなたは問題をどう解決できるか、お客さんが得られるベネフィットは何かを考えて、書いていきます。

最後に期限付きのオファー、特典を提示すれば、セールスレターの完成です。

始めはこんな感じでシンプルの方が、書きやすいと思います。

あまり、考えすぎず、まずは書いてみましょう。何度も書く事によって上達していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です