マーケティング

あなたはオンラインかオフラインどっちで勝負しますか?

アバター

From : 石橋佳祐

オンラインでマーケティングをするか、オフラインでマーケティングをするかって悩みどころですよね。

結論から言ってしまえば、両方やるのがベストだと私は思っています。

なぜか?

オンラインのメリット

オンラインのメリットとして、今回の様なコロナ騒ぎになった時に、オフラインで事業ができなくても、オンラインのシステムが整っていれば、少しは売上が落ちたとしても、なんとか持ちこたえる事ができます。むしろ、オンラインで売上を伸ばし続けている会社もあるくらいです。このコロナの影響で潰れて行く会社はオンライン化していれば危機を免れられた確率は高くなるはずです。

そして2つ目のメリットとして、現在オフラインしかないのであれば、オンラインを導入することによって、収入の柱を2つにする事ができます。そしてうまくやれば自動化ができて、寝ている間にも売上が立ちます。オフラインでしか買えないお客さん(地理的な問題などで)も取り込め、販路拡大につながります。

そしてこの先もオンライン化の波は加速していくので、ライバル会社に乗り遅れない為にも、迅速な事業のオンライン化を勧めています。もう1つの理由として、オンラインにしたからといって、すぐに結果が出るわけでも無く、年月がかかり、テストが必要だからです。オンライン上は激戦なので、繰り返しテストをして信頼性を上げる必要があります。

そしてどんな業界でもオンライン化は可能です。

オフラインのメリット

ケースバイケースですが、オンラインで集めたお客さんに、直接電話でコンタクトをすることはなかなか無いと思いますが、オフラインで集めたお客さんは、基本的には電話や直接営業などで個人的にコンタクトできます。

そしてオフラインの場合は初めて会った時からでも信頼性が高いのは事実です。
オンライン上で初めて接点を持つよりもはるかに怪しさは低くなります。

オンラインでマーケティングしようとすると、webサイトを作ったり、ステップメール を作ったり、ランディングページを作ったり、SNSで広告を出そうと思うと必ず技術的な問題が関わってきます。オフラインの場合はやることさえ決まっていれば、技術とかはあまり関係ないので、難易度は低くすぐに始められ、即売上に反映します。更にオンライン上には、無数のウエブサイトが存在するので、見つけてもらうのに競争しなくてはなりません。

最後に、オフラインには何よりも人間味があります。いくらオンラインが発達したからといって、人と人の関係を全てオンライン上で持つのは、正直、寂しさを感じ、人間として終わってしまうなと私は思っています。皆、人に興味があるわけですから。

まとめ

2つをうまく活用して、オンライン化できる所はやり、そのほかはオフラインでやって2つの収入源を作る。そこから3つ4つと収入源を増やすべきです。

1つの脚しかない、テーブルだったら、その1本が折れたらテーブルが倒れます。ですが4つの脚があるテーブルだったら1つが折れても倒れません。

ぜひ、これをあなたのビジネスに置き換えて考えてみてください!