仕事の効率化

まだ専門用語を使い続けますか?

アバター

ウエブサイト、セールスレター、広告、ブログに専門用語を並び立てているのをよく見かけます。でも、これって業界用語なので、その業界か、その業界について勉強してる人にしかわかりません。ですので、専門用語はできるだけ排除します。

なぜかと言うと、あなたや、同業種の人から見れば、あなたが使っている専門用語を理解する事ができますが、部外者からしてみれば、どんな意味なのかわからない用語を使っている場合があるからです。これでは売上アップの盲点になってしまいます。

例えば、マーケティング用語でCVという専門用語がありますが、これは成約率のことです。このCVの意味がわからない人は私の周りにたくさんいます。

わからない言葉があるって事はあなたが書いている文章は伝わりません。もし専門用語を入れたとしたら、そのことについて説明をすべきです。

一見すると、専門用語を入れると、専門的で、エキスパート感があり、見た目もいいですが、届けたいメッセージが伝わなければ意味がありません。

なので、専門用語をなるべく無くして、小学生でもわかるくらい文章を読みやすくします。そうすることによって、どんな読み手でも理解しやすくなり、メッセージが伝わりやすくなります。その結果、お問い合わせが増えたり、成約率が上がったりして、売上げアップにつながっていきます。

あなたが当たり前に使っていて、他人にはわからない言葉って何かを考えてみましょう。家族友人に聞いてみるのもありです。

初心者の為のセールスレターの書き方はこちら

すらすら書けるブログの書き方はこちら