仕事の効率化

あなたのお客さんは誰ですか?

アバター

Bizlux 石橋佳祐です。

ターゲットとするお客さんは、広げて行くのではなく、絞っていくものです。性別、年齢、住んでる場所、職業など自分の理想とするお客さんを想像してターゲットをどんどん絞っていきます。

逆にターゲットを広げて行くと、ビジネスに一貫性がなくなり、それと同時に専門性もなくなります。

結果、他の競合と一緒にされてしまい、あなたのビジネスの価値が低くなります。あなたのビジネスが日用品化されて、値段だけで判断され、価格競争に巻き込まれてしまう可能性があります。

お客さんは専門的なものに魅力を感じ、専門的にすると競争も少なくなりお客さんが高単価で取れるようになります。

例えば、40代の女性の為のスキンケア、交通事故に遭われてしまった方の後遺症リハビリ専門、などのビジネスが世の中には存在します。このようなビジネスは、ターゲットを絞ることによって、業界シェアの割合を高く維持し、成功しています。

ですので、あなたも、集客する時は、お客さんを絞ることから始めて、具体的に理想のターゲットを考えてみてください。そうすれば、自然とDM、広告などのメッセージも届きやすくなり、成約率も上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です